2006年06月11日

素人なサイトの一例その1

サイトタイトルがありがち
「〜's homepage」 とか「〜のほめぱげ」「〜のホームページ」 とか言うサイト。
ありがちな上に、SEO上不利になるのでやめた方が良いです。

トップページでいきなり音楽を鳴らす。
サイト閲覧者は音楽を聴きに来たのでは有りません、情報を探しにくるのです
また、アパート住まいの方や夜しかネットできない方の敵です。
音楽を鳴らす事がメインコンテンツならトップページで鳴らすのはやめて、 警告付きで鳴らす事。

工事中ページにリンク
わざわざそんなページ作る暇があったらコンテンツ作れと。
正直その分のアクセスが無駄。

キリ番報告の強制
毎日おまいさんのサイトに来てる香具師ばっかじゃないんですよと。
報告なんざ閲覧者の勝手。

Japanese only、Link Freeなんていう恥ずかしい英語
リンクフリーに関しては下記を。
Japanese onlyは、 日本人のみとも取れます、恥ずかしい英語はやめて下さい。

ちなみに、「リンクフリー」は和製英語なので、英語圏の人間には通じない(「リンクに許可が必要」 という認識がこれほど広まっているのも、おそらく日本のインターネット文化に独特の習慣と思われる)。英語で「○○フリー」というのは 「○○から自由な」つまり「○○のない」という意味(例えば、"sugar free" は「砂糖抜き」)なので、"link free site" を素直に解釈すると「リンクのないサイト」つまり「どこにもリンクしていないサイト」もしくは 「どこからもリンクされていないサイト」というくらいの意味になる。
引用元:IT用語辞典e-Words

だるいので今日はここまで。

posted by takashi at 21:47| Comment(36) | TrackBack(1) | ウェブデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

Web標準

まだまだド素人の私ですが、HTMLやCSSをもう一度基礎から学びなおしています。
んで、その参考にしてる本がこれ↓
Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト

正直な話、かなり分厚い本です。
しかしながらその概要等をきちんと読んでいくときちんとHTMLをマークアップできるかと思います。
で、少々引用させていただきます。

HTMLをきちんとマークアップすればSEO上有利になる。

確かにGoogleはhタグ・見出し文タグも認識している模様ですからね。
…自サイトを頑張って正しくマークアップしてみます。

posted by takashi at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

リンクに関して

色々勉強してるとリンクに関して面白い見解があったので掲載してみる。
リンクに許可は不要ですより引用。

リンクは内容の複製ではなく,すでに公開されているページのアドレスを参照しているだけですので, 著作権侵害にはなりません(→無断でリンクを張ることは著作権侵害となるでしょうか (社団法人著作権情報センター))。また,リンクを自由に張り合って知をネットワーク化するのがもともとのWebの理念ですので, 「リンクは許可を得てください」という主張は異様です。 Webの発明者Tim Berners-Leeも There is no reason to have to ask before making a link to another site と書いています(Links and Law: Myths)。

どこのページからリンクされているかを知りたいだけなら,Google の「検索オプション」の 「次のURLにリンクしているページ」で調べたほうが確実です(あるいは HTTP_REFERER で個々のアクセスがどこのリンクをたどって来たか調べることができます)。また,閲覧を制限したいなら,パスワードや, IPアドレス, HTTP_REFERER などでアクセス制御することができます。

ちなみに,「リンクフリー」という語を(「リンクがない」という意味以外で)使うことも本来は気持ちが悪いのですが, 「HP」を(HP ではなく) ホームページやWebの意味で使うことと同様, 日本では普通になってしまったようです。

凄く納得してしまったなぁ…。
あとこれ、ウェブページ推進ページ

posted by takashi at 15:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

コンテンツデザイン番外編1「ブログ投稿支援ツール」

ubicast Bloggerと言うフリーウェアが有るんですが有名所のブログへの投稿を支援するものです。
分かりやすく言うとブラウザを起動せずにブログへ投稿可能になります。
その上、ワープロ感覚で文字の修飾や画像アップが簡単にできるので是非使ってみて下さい。

posted by takashi at 18:02| Comment(1) | TrackBack(0) | ウェブデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンテンツデザインその2「ウェブサイトとブログ」

昨今ではブログが人気を集めています。
その気軽さやコミュニティツールとしての便利さなどですね。
ですが、一方で通常のHTMLやCGI、PHP等で構成されたウェブサイトも存在します。

まず、ウケるサイト作りをする上で、ブログと通常のウェブサイトのどちらが向いているかを十分検討する必要があると思います。
とは言っても私自身、線引きが難しいと思っていますので軽く聞き流して下さい(苦笑

 

ブログの長所と短所
・手間がかからない
・場合にもよるが携帯からも更新が可能
・トラックバック機能等コミュニティ機能満載
・スキルが無いとデザインを自由に弄れない
・たとえ有る程度スキルがあったとしても、ブログ故のデザインを抜け出したものは作りにくい

ウェブサイトの長所と短所
・ある程度の知識が必要
・好きなデザインに可能
・基本的にパソコンからの更新となる
・サーバーにもよるがCGIやPHPを駆使したコンテンツが必要になる場合もある
・整理されたデータなどをコンテンツとする場合は見やすい場合がある

 

取り合えず、言えることはネットで日記を公開するならばブログが向いてます。
とにかく分かって頂きたいのはブログが万能ツールではない事を主張したいだけです(苦笑
ただ、個人の創意工夫次第で可能性は広がると言う点をお忘れなく。

posted by takashi at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンテンツデザインその1「テーマ選び」

サイトを運営していく中でまず「どんなサイトにするか」というヴィジョンを立てる事が必要です。
まずは最初にテーマを絞る
アクセスを増やすためにも必要ですし、之の選び方次第で後々影響してきます。

例えばあなたがバスフィッシングが趣味だとしましょう。
なのに、海釣りを扱うサイトじゃぁ多分長続きしません。(海釣りも好きならば兎も角ですが)
ここはやはりバスフィッシングを扱うサイトのほうが長続きしますよね?

出来うる限りテーマを決める時は「自分の好きなもの」を選びましょう。

posted by takashi at 17:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ウェブデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新ブログ開設

当ブログでは私の経験を元にウェブサイトをプロデュースする企画です。
基本的に中級者以上向けの内容にしていきますが、いずれ初心者向けカテゴリ作って記事にして見ます。
間違っている事を言うことがあるかもしれませんが出来たら優しく指摘して欲しいですw

posted by takashi at 17:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。